電子タバコのリキッドを自作しよう

電子タバコを使いこなせてきたひとはリキッドを自作してみましょう。自作すれば、自分好みのフレーバーのものをつくることが可能です。初心者の場合ですが、まずはフレーバーをネットショップなどで購入して薄めて作ってみましょう。フレーバー以外に必要なものはグリセリンと精製水です。どちらも薬局などで購入可能です。まずは適当な容器にグリセリンと精製水を入れてシェイクします。ある程度まざったらフレーバーを入れてシェイクしましょう。最初は少量にして味を確認しながら追加していくと失敗がありません。自分好みの濃度になったら完成です。水蒸気を多くしたい人はグリセリンを多めにするのがお勧めです。ただし、あまりグリセリンの割合が多いと空焚きになって故障の原因になりますので注意しましょう。ある程度慣れてきたら自分で色々なフレーバーのものを自作してみましょう。

電子タバコのリキッドを安く作る方法

電子タバコのリキッドを安く作る方法として挙げられるのは自分で手作りする方法です。材料についても自分で簡単に集めることが出来ますのでぜひチャレンジしてみましょう。まずは作成用のキットを購入しましょう。目分量でもつくれないことはないですが、最初はきっちりと計量しながらおこなったほうが失敗がありません。作成用のキットについては電子タバコを取り扱っているネットショップなどで見つけることが出来ます。作成用キットには一通りの道具がそろっていますので便利です。道具以外ではエタノールとグリセリンが必要です。これは基材になりますので必ず用意しましょう。あとは香りをつけるものを用意すればOKです。初めて作る人の場合には、バニラエッセンスなどを使うのがお勧めです。甘い香りですので、ダイエットをしている人などには丁度良いものが作れます。

電子タバコのリキッドのフレーバー

電子タバコのリキッドのフレーバーには色々な種類があります。まず、定番なのがフルーツ風味です。りんごやベリーなど本物のフルーツのような香りが楽しめます。ガムを噛む習慣のある人は電子タバコに置き換えてフルーツフレーバーのものを楽しむと節約に繋がります。また、ダイエット中で甘いものを我慢している人はバニラやキャラメルのフレーバーがお勧めです。おなかがすいたときにあまいフレーバーのリキッドを使えば食欲を抑えることが可能です。お口の臭いがきになる人の場合には、ミント味のものを選ぶと臭いが改善されます。人と近距離で話す場合にも自分の口臭を気にしなくてもよくなるので安心して会話することが出来ます。特に接客業の人など多数の人と会話しなければいけない職業の人にはミント味がお勧めです。このようにフレーバーによって様々な用途がありますので自分のライフスタイルにあったものを選ぶことが出来ます。